学校法人 育成学園 育成調理師専門学校 [技能連携校] 向陽台高等学校

学園について

理事長挨拶

歴史の厚みが「みらい」の土台をつくります。

学校法人育成学園
理事長・学校長 植木 砂織

技能も教養も誇れる、
それが「育成学園」のブランド力

設立から50年を迎えた育成調理師専門学校は、調理師育成の豊富な実績、最新の設備、一流の講師陣がそろう、恵まれた環境です。「食」は、世代を超えた永遠のテーマ。夢を実現するためには、技能教育と一般教養の両輪が欠かせません。そのためカリキュラムには調理技術だけでなく、社会人として欠かせない学識、豊かな感性を育むプログラムも組み込まれています。特に重要視しているのは、挨拶、礼儀、清掃、衛生観念。しっかりと吸収し、成長してほしいと願っています。

「育成の卒業生をぜひ」。
多彩な就職先から歓迎されています

入学時に、調理の経験がなくても大丈夫です。包丁の使い方といった基礎から授業で学び、プロの技を体得します。卒業時には「高等学校卒業資格」と「調理師免許」を取得可能。高校生として、職業人として成長できる、阪神間唯一の技能連携校です。
就職面では、数多くのホテルやレストランから毎年「育成の卒業生を」とのご指名がありますから、十分に吟味を重ね、それぞれがベストな道へ。専門学校への内部進学、大学進学という選択肢も開かれています。

生徒一人ひとりが笑顔になれる、
充実のスクールライフ

多感な時期を迎える生徒一人ひとりと丁寧に向き合うため、学級担任制による手厚いサポートを実現。校内にはアットホームな雰囲気が漂い、校外学習や修学旅行といったスクールライフを盛り上げるイベントも充実しています。実習を交えた授業参観、卒業生との交流、清掃をはじめとした地域活動にも注力。3年間を楽しく実りあるものにするため、保護者の方々や地域の皆さまと「食」を通じて、絆を深めていくのが私たちの目標です。

育成学園のあゆみ

1956 育成女子総合学院設立
1966 育成調理師専門学校設立
1978 学校法人育成学園設立
1980 製菓衛生師科設置
1985 神戸国際調理師専門学校設立
1986 フランス国立ブロワ調理師専門学校と姉妹校提携
1989 カピオラニ・コミュニティ・カレッジ(ハワイ)と姉妹校提携
1990 シュパイザー・ホテル学校(ドイツ)など海外4校と姉妹校提携
調理師科2年制課程設置
1991 ホテルコンサルトSHCCカレッジズ(スイス)と研修提携
1992 高等課程調理師科3年制設置(技能連携校向陽台高等学校)
1994 セザールリッツ・ホテル学校(スイス)と姉妹校提携
1995 上海旅游高等専科学校と研修提携
1999 フードコーディネーター協会加盟
2003 神戸国際調理師専門学校を「神戸国際調理製菓専門学校」に校名変更
育成学園の愛称を「Ecole CP」とする。
2004 神戸国際調理製菓専門学校[製菓衛生師科]元町校舎完成。シェフ科設置。
2006 高等課程調理科3年制で製菓実習を実施
2008 神戸国際調理製菓専門学校
【調理師科】調理スペシャリスト本科(2年制)
【製菓衛生師科】製菓スペシャリスト本科(2年制)
設置
2009 高等課程調理科定員70名に変更
2014 神戸国際調理製菓専門学校調理スペシャリスト本科・製菓スペシャリスト本科が職業実践専門課程に認定される。
2016 育成調理師専門学校設立50周年